美少女化した艦船が戦う人気ゲーム『アズールレーン』 コスプレ人気は“ブーム”から“定着”へ 

コスプレの聖地・池袋で開幕されている人気イベント『acosta!』。6年間で、開催50回を突破した老舗イベントが、先ごろ『Ultra acosta!@池袋サンシャインシティ』と題して開催。レイヤー参加型のステージイベント、囲まれ撮影体験、さらには元TBSアナウンサーの宇垣美里はじめ著名人のコスプレイヤーを招いてのイベントも実施されるなど、まさに“ウルトラ”が詰まった内容だった。19日、名古屋で開幕されたコスプレイベント『ホココス ~南大津通歩行者天国COSPLAY~』にも負けず劣らずの『Ultra acosta!』の活況をお届けする。 日常は『魔法少女まどか☆マギカ』や『リゼロ』レムのコスプレをすることが多いというましろさん、今度ユニコーンを選んだ理由は、「とにかく可愛いとこ!『お兄ちゃん』って呼ばれると、守ってあげたくなる」とのこと。コスプレイベント毎に、必ずと言って良いほど見られた『アズレン』キャラに変装したコスプレイヤー。“ブーム”の時期はとっくに通り越し、今や“定着”したと言って良いだろう。

今度の『Ultra acosta!』で特に目についたのが『アズールレーン(以下、アズレン)』コスプレ。うぷらてさんが今回選んだのが人気キャラ・愛宕のコスプレ。「お姉さんっぽさを出すため、アイラインやつけまなどにこだわった」という彼女。また、愛宕は美脚なので、脚をキレイに魅せるようこだわったとか。「『アズレン』はみんなキャラが可愛い点が良いですね。愛宕ベルファストなど、可愛くて大人っぽいキャラが好きです」と話してくれた。「今回コスプレしたユウキは、辛い時も笑顔を絶やさない強い子なんです。そんな部分に惹かれます」と、monakoさん。「ウィッグのアホ毛を作るのに、特に苦労しました。根元をゴムで留めてから、毛束をボンドでガッチガチに固めてます」とのこと。今度は男装にチャレンジしたいらしく、「男装って憧れますね。『刀剣乱舞』の日向正宗のコスをやってみたい!」と宣言してくれた。

 雪村ユノさんと蒼水ましろさんの2人も『アズレン』コスプレで参戦。高校からの付き合いという2人、ユノさんは愛宕ましろさんはユニコーンに変装していた。コスプレ歴半年ちょいにして『acosta!』への参加は5、6回を数えるユノさんは、「スタイルを良く魅せるため、ジャストサイズの衣装をピックアップした」点がこだわりだとか。「可愛いキャラが多い『アズレン』だけど、特に愛宕は声優さん(茅野愛衣)も大好きだし、ビジュアルも大好き!」(ユノさん)。ましろさんが考える『アズレン』の良さは、「キャラが可愛いのに戦闘シーンはイカツイ、そんなギャップがたまりません」だとか。 『SAO』の劇中に出場する架空のオンラインゲーム『アルヴへイム・オンライン(ALO)』で圧倒的な強さを誇る女剣士・ユウキに変装したのは、レイヤーの蒼依monakoさん。大人びた表情が印象的な彼女は、なんと高校2年生。『SAO』の魅力を聞いてみると、「世界観と、キャラ一人ひとりが個性的なところが『SAO』のウリです!」と答えてくれた。

 また、アニメやゲームなどにも派生している注目のコンテンツの1つ『ソードアート・オンライン(以下、SAO)』コスプレも多く見られた。学生レイヤーの、すずのすけさんもその1人。コスプレ歴は2年ながら、『acosta!』には頻繁に参加しているそう。今回は『SAO』のアリス・ツーベルクのコスプレで参加。「一番こだわったのは、やっぱりウィッグです。ストレートの鬼滅の刃 コスプレ衣装を自分で加工して、上手くサイドのハネ感を出しました」とご満悦。「ただ、実際に着用してみるとフェイスラインに沿った前髪がちょっと長すぎたかな…」など不満点もあるようで、点数をつけるとしたら70点と厳しめ。『SAO』のキャラで、好きなのは主人公・キリトで、「仲間想いのところ」に惹かれるとのことだった。

海外でも活動するコスプレイヤー・コノミアキラにインタビュー

   コスプレ衣装やアイテムの数だけでも数えきれないくらいあります。しかも思い出のコスプレ衣装って捨てられないんですよね。既製品は人にあげることもあるのですが、手作りのものってサイズが自分用になっているし思い入れもあってあんまり譲れなくて。数年前にエジプトへ行ったときのコスプレ衣装なんて思い出が詰まりすぎて一生捨てられないと思います。

  だから、収納もできて荷物を好きなときに、好きな場所で引き出せるサマリーポケットさんを利用しているんですよ。しかもスマホで荷物の管理ができるので、何を預けているのかもすぐに見ることができます。家で管理しているとどこにしまったのか分からなくなってしまうときもあるのですが、スマホで一括管理できるので、探す手間も省けます。ただ、使用してみたら本当に面白いサービスだなと思いました。身軽に生活したい人には特にいいと思います。あとはモノがどうしても捨てられない方。断捨離という方法もありますが、私は別に無理に捨てなくてもいいと思っているんですよね。そのモノが心の支えになることだってあると思うので。家を整理しないといけないのに捨てきれないモノがある、そんなときにもサマリーポケットさんを利用するといいと思います。あとは季節もののコスプレ衣装を替えるときにも便利かな。特にジャケットやコートはかさばるので、季節が変わるタイミングで入れ替えをするっていう利用方法もあります。身軽に、簡単に生活したい人はぜひ一度サービスを利用してみてください。

  直近で使う予定が分かっているものは手元に置いておいて、2カ月以上着ないなというものはサマリーポケットさんの倉庫に預けています。衣装って湿気や温度も考えて保管しないとカビてしまって残念なことになるんです。ただ、サマリーポケットさんは高級ワインなどの保管も行っている寺田倉庫さんの倉庫で管理してくださるので、安心です。そこは大きな魅力ですね。正直、スマホ収納サービスって言われてもピンとこないじゃないですか。私も利用してみないとよく分からなかったです。あと、私は東京の拠点以外に大阪に荷物を置く倉庫も持っているんです。で、急に大阪に置いてある荷物が次のコスプレで必要だってなったとき、なかなか取りに行けないんですよね。しかも、打ち合わせで色々な場所に行くことが多いので、東京の拠点にも1カ月に7日くらいしかいることがない。

こんなに可愛い鮫になら食べられたい!中国レイヤーSharksameは大のゲーム好き

最近、中国の鮫がTwitter上で泳ぎ始めました。身長147センチのまだあどけなさが残る可愛らしい顔立ちの美少女は中国・広東省に住むSharksameさん。ゲームが大好きで、すでに3年にわたって生放送でゲーム実況を続けています。普段からコスプレしたい時にしますし、イベントに参加したい時に参加するようにしています。いつも可愛らしいキャラクターを選んでいます。『はたらく細胞』血小板ちゃんや『ポプテピピック』のpop子、『Fate/Grand Order葛飾北斎や謎のヒロインX、『 FINAL FANTASY XIV』Nanamoとかですね。背が高いキャラクターはまだ試したことがないです。私は広東省汕頭市に住んでいます。深セン市にも近い所です。広東省ではコスプレ熱が高く、とくに広州市で開幕される動漫展は中国でもとても有名なものが多いです。私の場合は、動漫展で皆さんに撮ってもらうことが一番好きです。とくに深セン市の動漫展は、自分が始めて参加したので特別な思い入れがあります。

また、生放送を始める以前から趣味だったというコスプレ衣装や、中国大流行のロリータ服を着た様子を見せてくれます。「so cute」なSharksameさんになら、パクッと食べられたい人は多いかもしれません。フレッシュで可愛らしい彼女の厳選写真とインタビューをお届けします。2012年に深セン市で開幕された動漫展(※)で、『デート・ア・ライブ』四糸乃のコスプレをしたのが初めてです。他の人が本当に楽しそうにコスプレをするのを見て、一緒にやりたくなったんです。化粧やコスプレウィッグなど反省点は多かったですが、大勢の人が写真を撮ってくれました。最近だとほぼ毎日生放送して、日曜日に休むようにしています。一日3時間半ほどで、視聴者の皆さんと一緒に歌ったり、バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』を遊んだりしています。最近一番ハマっているのは『Apex Legends』!本当に面白いんです!大勢で一緒に遊ぶゲームの中で一番楽しんでいます!一人で遊ぶ場合は生放送中にもよく遊ぶ『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』です。とても個性的なゲームですね。遊んだ後にストーリーで泣きそうになります。遊んだことがない方にぜひ試して欲しいです。

印象に残っているのは、ロリータ服を着た時の撮影です。カメラマンが撮るのがすごく早くて…その人はどんな構図で、私がどういったポーズをしたら衣装や背景に合っているか頭の中で分かっていたんです。こちらが動作や表情を考える必要がないほど指示が的確で、おかげで撮るのがすごく楽しかったです。きっかけはゲーム中継をしたかったからです!ただ、初めて生放送した時は全然分かってなくて、アップロードの通信速度が遅すぎて、私が遊んでいる姿が1~2フレームごとにカクカクした動画で放送されてしまい、見返して自分でも笑っちゃいました。もう3年くらい経ちますが、今でも生放送は想像以上に体力を使いますね。

コスプレは「まだまだアングラ」

ごろ、としまえんで開幕されたコスプレイベント『acosta!』。その一環として開幕されていたのが『ファンミーティング@としまえん』だ。人気コスプレイヤーのうらまるさん、みったんさん、ひのきおさんの3名が、推しとゆっくり話したいと考えるファンのために開催した人数限定のスペシャル活動。この日はコスプレ衣装ではなく私服での参加だったが、人気レイヤーとして考えるコスプレへの想いや、現在のコスプレカルチャーの立ち位置など、話を聞いた。モノトーンのチェックにセンターラインのフリル使いが可愛らしいコーデのうらまるさん。元々アニメが好きだった彼女が、コスプレをすることになったのは約2年前。知り合いのカメラマンにコスプレ撮影のモデルを依頼された際、コスプレの楽しさに目覚めたとか。

「コスプレカルチャーは、ここ数年で認知されてきてはいるけど、まだまだ普通的だとは思わない。将来的には、コスプレだけでなくYouTubeなどいろんなイベントを展開して、様々な角度からいろんな人にコスプレの魅力を伝えていきたいです」「最初は、カメラマンさんが衣装を用意してくれたので、私としては深く考えずに参加したんです。こんなに面白くて奥が深いとは…、それ以来ハマりました!」日常コスプレすることが多いのは『ラブライブ!南ことり、『ご注文はうさぎですか?』チノちゃん、『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』レムなど。特に『リゼロ』のレムは、記念すべき初コスプレのキャラでもあり、うらまるさん的にも思い入れのあるキャラなんだとか。色々なコスプレイベントに参加している、ひのきおさんが最近ハマっているのが『化物語忍野忍だとか。「忍ちゃんの衣裳は、バージョン違いで7着持ってます!」と語る。そんなひのきおさんだが、一般の人がコスプレに抱くイメージは、まだまだアングラだと自覚しているという。

「過去から、好きな作品のコスプレをやるっていうスタンスは変わってません。『アイマス』はキャラが個性的で、コスプレしていて楽しいです!」「コスプレイヤー自体は珍しくもなくなってきたけど、まだまだレイヤーっていう存在に対しての偏見というか、見る目の冷ややかさは感じています。来年は東京オリンピックもあって多くの外国人が日本を訪れるだろうし、この機会に日本のサブカルであるコスプレをもっと知ってもらいたいですね」青を基調とした私服に身を包み、楽しげに話してくれたみったんさんだが、実は彼女自身、多くのコンプレックスを抱えているという。

「自分自身が好きになれなくて。でもコスプレやメイクを通して好きなキャラに近づけるし、自分も楽しくなれる。そんな力があるコスプレカルチャーを、もっといろんな人に知って欲しいし、そのために私も行動していきたいです」イベントで『東方Project』犬走椛のコスプレをしたのが、この道に入ったきっかけと語るひのきおさんは、コスプレに出あって5年ほど。好きなコスプレは『アイドルマスター シンデレラガールズ』の秋月涼というみったんさんのコスプレ歴は4年。アニソンのクラブイベントに参加した際に友人からコスプレに誘われたのが、コスプレとの出会いだったとか。

“アイドル×アニメ”インタビュー!乾曜子「桂正和先生はパンツの大先生!」

アニメ好きアイドルが大好きなアニメについて思いの丈をぶつける“アイドル×アニメ”インタビュー。がオフィシャルレイヤーの先駆けだと思います。ただ、あの頃は良いカラコンはないし、コスプレウィッグは高いしで、とにかくお金がかかってました。今は手頃な値段で良いものが手に入るので、レイヤーに優しい時代になったなって感じます。今の知識と仕事力を持ったまま、17年若返りたいです(笑)。

今度は男装アイドルグループ・腐男塾(現・風男塾)の元部長で、えなこのプロデューサーを担当する乾曜子を直撃した。「ジョジョ」良いですね。「ジョジョ」というとだいたい2部か3部が推されますけど、私はシリーズの中でこの5部とブチャラティが一番好きなんですよ。最初に登場した時には、汗の味で嘘をついているか判断しているとかめっちゃヤバい奴じゃん!と思っていましたが、話が進み、主人公のジョルノがブチャラティチームとして活躍していく中で、彼が見せてくれる決断力、判断力のあるところを見ていると、ついていきたくなる上司じゃないですか。覚悟の持ち方が素敵で、ブチャラティになら命を預けてついていくというのが分かります。

そんな彼女らしく、推しアニメに加え、当時のコスプレイヤー&オタクアイドルのビジネスワークについても語ってくれた。 ハマったというか、小さい頃に見ていたのがほぼアニメだったので、気付いたらオタクになっていました。学校の同級生と会話が合わない、ファッション誌は買ったことがない、手元の雑誌は「アニメージュ」(徳間書店)や「Newtype」(角川書店)という女子でした(笑)。小学校の頃からお小遣いの使い道がアニメイトだったんですよね。一般の子たちからは可哀想な女子と思われていたかもしれませんが、私の人生はこれで良いんだと楽しんでいました。リア充的なキラキラしたことが苦手で、特に自分をこっ恥ずかしいとは思わなかったですね。ラグナロ娘。ですね。たまたま、当時入っていた事務所でオタクのゲームをできる女子を探しているということで、ラグナロ娘。を始めることになりました。多分、ラグナロ娘。グラビアアイドルや腐男塾メンバーとして活躍していた乾は、当時からコミケ(コミックマーケット)で自主制作のコスプレ写真を出していた筋金入りの2次元オタク。現在は自身で事務所を経営し、コスプレイヤー・えなこも同事務所に所属している。

「モンスト」パンドラのコスプレ公開 天城サリーはアクビに

   アニメ「ハクション大魔王」のアクビ、人気ゲーム「モンスターストライク」のパンドラが出場するアニメ「パンドラとアクビ」のイベントが24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕中の「AnimeJapan(アニメジャパン) 2019」で行われ、パンドラ役の声優の小倉唯さん、デジタル声優アイドルグループ「22/7(ナナブンノニジュウニ)」のメンバーでアクビ役の天城サリーさんが登場。小倉さんはウエスタン風の紫のコスプレ衣装のパンドラ、天城さんはアラビア風のアクビのコスプレを公開した。

  天城さんは新人でアフレコでは緊張していたといい、小倉さんは「大丈夫だよ!って話していました。アニメは前編「荒野の銃撃戦」と後編「精霊と怪獣の街」の2部構成。アクビとパンドラの凸凹コンビが、各地に散らばってしまった世界を滅ぼす力を持つといわれる災いのかけらを回収すべく、次元を飛び越えて活動する。4月5日から順次劇場公開される。2人の仲の良さがキャラクターにも反映できれば」とコメント。天城さんは、小倉さんについて「本当に優しくって。ありがとうございます!」と話していた。

こんなに可愛い鮫になら食べられたい!中国レイヤーSharksameは大のゲーム好き

最近、中国の鮫がTwitter上で泳ぎ始めました。身長147センチのまだあどけなさが残る可愛らしい顔立ちの美少女は中国・広東省に住むSharksameさん。ゲームが大好きで、すでに3年にわたって生放送でゲーム実況を続けています。普段からコスプレしたい時にしますし、イベントに参加したい時に参加するようにしています。いつも可愛らしいキャラクターを選んでいます。『はたらく細胞』血小板ちゃんや『ポプテピピック』のpop子、『Fate/Grand Order葛飾北斎や謎のヒロインX、『 FINAL FANTASY XIV』Nanamoとかですね。背が高いキャラクターはまだ試したことがないです。私は広東省汕頭市に住んでいます。深セン市にも近い所です。広東省ではコスプレ熱が高く、とくに広州市で開幕される動漫展は中国でもとても有名なものが多いです。私の場合は、動漫展で皆さんに撮ってもらうことが一番好きです。とくに深セン市の動漫展は、自分が始めて参加したので特別な思い入れがあります。

また、生放送を始める以前から趣味だったというコスプレ衣装や、中国大流行のロリータ服を着た様子を見せてくれます。「so cute」なSharksameさんになら、パクッと食べられたい人は多いかもしれません。フレッシュで可愛らしい彼女の厳選写真とインタビューをお届けします。2012年に深セン市で開幕された動漫展(※)で、『デート・ア・ライブ』四糸乃のコスプレをしたのが初めてです。他の人が本当に楽しそうにコスプレをするのを見て、一緒にやりたくなったんです。化粧やコスプレウィッグなど反省点は多かったですが、大勢の人が写真を撮ってくれました。最近だとほぼ毎日生放送して、日曜日に休むようにしています。一日3時間半ほどで、視聴者の皆さんと一緒に歌ったり、バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』を遊んだりしています。最近一番ハマっているのは『Apex Legends』!本当に面白いんです!大勢で一緒に遊ぶゲームの中で一番楽しんでいます!一人で遊ぶ場合は生放送中にもよく遊ぶ『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』です。とても個性的なゲームですね。遊んだ後にストーリーで泣きそうになります。遊んだことがない方にぜひ試して欲しいです。

印象に残っているのは、ロリータ服を着た時の撮影です。カメラマンが撮るのがすごく早くて…その人はどんな構図で、私がどういったポーズをしたら衣装や背景に合っているか頭の中で分かっていたんです。こちらが動作や表情を考える必要がないほど指示が的確で、おかげで撮るのがすごく楽しかったです。きっかけはゲーム中継をしたかったからです!ただ、初めて生放送した時は全然分かってなくて、アップロードの通信速度が遅すぎて、私が遊んでいる姿が1~2フレームごとにカクカクした動画で放送されてしまい、見返して自分でも笑っちゃいました。もう3年くらい経ちますが、今でも生放送は想像以上に体力を使いますね。